マレーシア生活情報 見たい! 行きたい! 食べたい! GoGoマレーシア

ランカウイ編2:今度はフィッシングにGO!

南国の海でフィッシングをしてみたい!
…だけどいろいろ用意が大変だなぁ、と思いがちですが、ランカウイにはフィッシングで必要な物が用意されている便利なツアーがあります。
前回ご紹介したマングローブリバークルーズツアーでお世話になった所では、そのフィッシングツアーも行っており、1グループ貸し切りでボートと、フィッシング中の案内、釣り具一式等を用意して下さいます。

ちなみにこのフィッシングツアーも、宿泊しているホテルまで送迎付き。
なので、自前で用意したのは飲み水と日よけの帽子と手を拭く為のおしぼりぐらいです。

釣り場はマングローブツアーで回った同じ海。
なので、マングローブツアーと同じ所からボートに乗って出発します。
fishing_01
今回はマングローブや生き物を探す訳ではないので、ボートはすごいスピードで沖まで向かいます。
fishing_02

そして最初に着いた先には、紅白のブイが置かれたポイント。
ここでまず、この先のフィッシングに使うエサとなる魚を釣りました。
fishing_03
サビキの糸を垂らし、チョイチョイっと竿を上下に動かしてリールを巻けば、アジが2匹、3匹と釣れて上がってきます。
あまりにも簡単にかかるので、非常に楽しい釣り体験となりました。(ボートマンの方が、魚を針から外してくださいました。慣れない初心者には有り難い事です。)
fishing_04
fishing_05
これを何度か繰り返し、ある程度たまったら、次の釣りポイントへ…!

次は、ボートで移動しながらルアーで魚を釣るトローリングに挑戦!
早速ルアーを海の中に落とし、ボートを走らせました。
初めてのトローリングだったので、ちゃんと魚が掛かるかどうか不安でしたが…
予想に反し、始まって1分程で早くもヒット!
釣り上げたのは「バラクーダ(カマス)」という身体の長い魚。
fishing_06
長さは90cmぐらいあったでしょうか。トローリング初心者としては嬉しい釣果です。
fishing_07
そしてまた、数分後に同じくバラクーダを釣り上げましたが、その後は3回atあたりが来たものの逃げられてしまい…別の釣りポイントへ移動する事に。

移動した先は大きな岩の側。
サンゴと熱帯魚が水面から見えるこの場所では、サンゴに隠れているアオリイカを釣ります。
ガイドさんに釣り方と針を落とすポイントを教えてもらい、早速一投!
fishing_08
そして投げた後、竿を軽く動かそうと思ったら何か重い…。
サンゴにかかってしまったかとリールを巻いてみると、いきなりアオリイカが釣れていました!
fishing_09
fishing_10
この時も待ち時間1分程でしょうか。
こんなに簡単に釣れるものなのかと思いましたが、単に運が良かっただけの様で、その後はもう一度アオリイカが釣れただけで、なかなか上がらず。
次への時間も迫っていたので、別の釣りポイントへ移動しました。

今度は少し岸の方に戻って、ガルーパ釣り。
ガルーパという魚は、マレーシアでは海鮮レストランの料理でよく見かけますが、さすがに釣りに挑むのは初めてです。
ボートも碇を下ろして停泊。
そして最初に釣ったアジなどの小魚をさばき、それをエサに竿を持ってガルーパがかかるのを待ちます…。
パラセーリングしているボートを横目に、潮風にあたりながら釣りをする楽しみ。いい気分です。
しかしながら、思う程にはなかなか釣れず、小さめのガルーパが2匹釣れた所で終了としました。
fishing_11

これで本日のフィッシングは終了ですが、ツアーはまだ終わっていません。
なんと、釣った魚を水上レストランで調理してもらい、お昼ご飯にいただくのです!
ボートが向かった先には本当に水の上に浮くレストラン。その横には生け簀もあります。
fishing_12
お店にはボートで乗りつけて昼食を食べに来ている人達が結構いて、ツアーで食べにくる方達もいる様です。
fishing_13
自分達は釣った魚をお店に持ち込み、料理方法はガイドさんの提案と自分たちの希望を合わせて注文。注文はガイドさんが行ってくれるので、言葉の心配がないのは有り難いです。

料理ができるまでの間、生け簀を見に行ったり、外の風景を眺めたり…。
fishing_14
fishing_15
そうこうしているうちに、最初にライス(ナシゴレン・チキン付き)が出てきました。
fishing_165
続けてアオリイカの唐揚げが登場。これはかなり大量です。
こちらは衣がさくっと、中は弾力のある身で、ちょっとスパイシーな味付けがいい感じです。
fishing_16
その後、アジやなどの小魚類のフライが出てきました。
味がしっかりつけてあり、何匹でも食べられそうです。
自分が釣った魚というのがまた嬉しいところ。
fishing_17
そしてバラクーダの半分はカレーで煮付けてもらいましたが、これが美味い!
バラクーダ自体は淡白な味でしたが、これに風味豊かなカレースープが絡んでいい感じに。
fishing_18
さらにバラクーダの半分は蒸し物に。
ニンニク、ショウガ、タマネギ、トマトなどと一緒に蒸してあり、あっさりとした味わい。
日本人的には醤油が欲しくなるところですが、魚本来の味が楽しめました。
fishing_19
ちなみにレストランでの食事はツアー代に含まれており、また、グループの人数分に合わせて調理をお願いしてくれます。
(今回は3人前でお願いしましたが、料理は充分すぎる量でした!)
フィッシングを楽しんだ後に、自分たちが釣った魚をマレー風に調理してもらい、美味しい食事ができる…これはとても素敵で贅沢な事です。

また今回のツアーは、こちらの釣り経験や釣りたい魚の希望などを交え、その日のフィッシングポイントをアレンジしていただいておりますので、必ずしもこのコース、この魚という訳では無い様です。
ツアーに参加する際には、ガイドさんといろいろ相談してみるのも良いかと思います。

 【今回、お世話になったツアー会社】
  「ランカウイ倶楽部」さんのサイトはこちら↓
  http://www.oji-club.com/langkawi/index.html

日本では味わえない、素晴らしいランカウイのフィッシングツアー。
機会があれば是非参加してみてください!

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

CAPTCHA


Return Top
UA-39829102-1